• 教育講演会 開催
  • ~APU学長 出口治明氏 来校~

令和元年11月26日(火)

11月26日(火)午前、立命館アジア太平洋大学学長の出口治明氏をお招きして、教育講演会を開催しました。

全校生徒を対象に「グローバル社会で生きる君たちへ」と題した講演をいただき、その後生徒の質問に答える形で会が進められました。なぜ学ぶのか、どう学ぶのか、どう育てるのか、多くの示唆をいただき、参加者全員が元気をもらうことができました。出口学長ありがとうございました。


★★ 教えていただいたことを幾つか ★★

  • 現代社会の豊かさを享受するには、資源の共有が必要。国際協力しか正解はない。グローバル社会は必然。
  • スーツにネクタイが世界標準であるように、英語も使えるようになるしかない。
  • 勉強して、できることを増やす=可能性を増やすこと。勉強は、楽しいし得になる。
  • 考える上で大切なことは、「タテ・ヨコ・算数」。タテは歴史に学ぶ。ヨコは世界に学ぶ。算数はデータで比較して考える。
  • 勉強の手段は、「人・本・旅」。行動することが大切。
  • 美味しいごはんは「上等な材料・上手な調理」から。
    美味しい人生は豊かな知識・考える力」で得られる。
    これからは、「考える力」がより大切になる。
  • 「なんで?」を3回くらい繰り返して考えていくと、大体わかる。
  • 「なんで?」と考えるのに、社会常識に縛られずに「問いを立てる力」が大事。
  • 子育てのために大切な三つのこと

    一つ 比べない

    一つ 「勉強しろ」と言わずに、好きなことを最後までやらせる

    一つ 結果ではなく行動したことを褒める。ただし、違法なこと悪いことは叱ること