TOP PAGE へ戻る


30年度 第3回校内研究授業(音楽)
〜公開していきます! どうぞご参加ください〜




   6月13日(水)3年B組で音楽の杉山志穂先生が研究授業を行いました。本年度3回目の公開校内研は、大分県教育委員会から野ア大輔指導主事と舟越宣之主幹兼指導主事に参加していただき、指導助言をいただきました。また、遠くは日田市から4名の先生方が授業を参観に来てくださいました。

 今回の事後研では、主体的な学び・対話的な学び・深い学びがどのような授業の工夫によって生み出せるかYチャートを使った事後研で考えていきました。効果的な授業の工夫として以下のような点が確認されました。

〇どのような歌い方の工夫をすれば伝えたい思いが伝わる合唱になるか考えさせ、
  技能を身につけるというねらいが明確であったこと
〇題材に様々な歌い方が可能で、取り組みやすい曲「かえるの歌」を用意したこと
〇思いを効果的に伝えられる歌い方の工夫を言語化することで明確にするとともに、
  音楽用語を身につけさせて工夫の共有化を図ったこと 
〇自分の歌い方の工夫を他者に聞き取ってもらい評価してもらう場をゲーム的な
  要素を加味して楽しみながら取り組めるように用意して意欲を高めたこと
〇ワークシートを、歌い方、自分で考えた3つの視点(表情、言葉、強弱)による
  工夫の仕方、友達にはどのように聞こえたか(2人分)と、授業が構造的に展開する
  ように(個で考える、対話による修正、他者評価による改善、再度の他者評価)
  作っていたこと
〇練習題材で習得した歌い方の工夫を活用するため、課題曲「ふるさと」を歌う場を
  設けて表現させたこと


 来月は、7月4日(水)に瀧澤圭先生が英語の授業を、7月11日(水)は羽田野直樹先生が体育の授業を行います。関心がある先生は本校にお問い合わせください。

 今後の予定はホームページに掲載しますのでお気軽にお申し込み下さい。

       
   
  はじめに全員で合唱    歌い方の工夫を各自考える
       
     
  グループで意見交流   工夫した歌い方を聞いてもらう 
       
     
  友達の評価をもとにふり返り
  もう一度歌ってみると… 
       
   
   参観者も一緒にグループ協議   Yチャートで授業分析 
       


TOP PAGE へ戻る