TOP PAGE へ戻る


地学を体感! −1年野外観察−



 
 11月7日(火)に、本校恒例の野外観察を1年生が実施しました。自分の足で自然の中に出ていき、直接触れ、観察することで、教室内での座学だけでは得られない自然に対する認識が深まったようでした。


主な活動は下記のとおりです。

 ・明野の露頭での地層の観察

 ・三重町での河岸段丘の観察

 ・風連鍾乳洞での鍾乳洞の観察

 ・緒方町での化石の採取
  (アンモナイトやイノセラムスを
   次々発掘) 

 ・原尻の滝での柱状節理の観察等々


 本校の理科教員全員に加え、三次教授をはじめ、大学からも指導に加勢をいただき、県内では附属中学校でしか体験できないこの貴重な理科の学習を深めることができていたようでした。

 




     
 
       
   
       
       


TOP PAGE へ戻る