TOP PAGE へ戻る


総合的な学習で培います! 主体的・対話的に学ぶ力



 
 7月14日(金)に附属小中連携合同研修「総合的な学習の時間」を実施しました。指導者に,米持武彦課長(大分県教育委員会義務教育課)と四ヶ所清隆校長(久留米市立高良内小学校)をお招きして,小中で研究授業を一本ずつ,さらに四ヶ所校長に「新学習指導要領から考える総合的な学習の時間の継承と刷新」と題し,講演をしていただきました。

 附属中では,小学校と共に「総合的な学習の時間」を大切にして,主体的・対話的に学ぶ力をつける学習を進めています。各学年で年間3サイクルするプランを立て,それをもとに生徒の考えを加えて進めています。今回は,その取組を検証するため,小4と 1−Cの指原先生に授業をしてもらいました。

 勤労をテーマに取り組んでいる1年生は,身近な人にインタビューを行い,ゲストティーチャーから講話を聞く中で,勤労に対する自分たちの考えとずれがあることに気づいてきました。今回は,次のサイクルで疑問をどのように解決していくか,解決方法を思考ツールを使って整理し,明らかにする授業を行いました。

 生徒は,思考ツールを使って,頭を寄せ合い,アクティブに考え,話し合い,みんなの前で自分の考えを友達の意見と結びつけながら,筋道立てて話していました。これからの学習が楽しみになる授業でした。 
 






     
       
     
 
       


TOP PAGE へ戻る