TOP PAGE へ戻る


ディベート甲子園全国大会 
附属中学校ベスト16



 
月に九州大学で行われた九州大会で準優勝を果たした本校ディベート同好会は,3年連続となる全国大会に九州代表として出場しました。

 平成29年8月5日(土)6日(日)。会場は東京の立教大学。中高合わせて56校が熱い論戦を繰り広げました。中学の部は「日本は小売店の深夜営業を禁止すべきである。是か非か」という論題のもと,雇用問題や働き方,セーフティースポットとしての防犯機能等,プランを実施した場合のメリットやデメリットについて議論しました。

 ディベートは多面的・多角的に諸問題を捉える力,情報収集能力や分析力,そして瞬時の論理的思考力などの力を育成するうえで大いに期待されています。本校では10年以上にわたりディベート同好会が存続し,現在も30名以上の生徒が所属しており,今後も更なる活躍が期待されます。
 






 
       


TOP PAGE へ戻る