TOP PAGE へ戻る


平成28年度
2年生が修学旅行に行ってきました

平成28年12月6(火)〜9日(金)


 

 12月6日(火)〜9日(金)の3泊4日,東京での修学旅行に2年生が行ってきました。修学旅行の成長を卒業までの中学校生活にも生かすという思いを込めて立てたスローガン「軌道」のもと,楽しく充実した4日間を過ごしてきました。


 初日は,浅草の雷門から仲見世を通り,浅草寺に参詣した後は江戸東京博物館を参観し,江戸の伝統,文化,歴史を学習し,その後人口1362万人を誇る首都東京のスカイツリーから夜景を楽しむはずでしたが,当日は修学旅行生が多く展望台に並ぶ人波の凄さにその人口密度を体感させられました。


 二日目は,ディズニーリゾートの運営に携わっている株式会社チャックスファミリー代表取締役の安孫子薫氏から元ディズニーリゾート運営部長としての経験を基に,「社会とともに歩むディズニーランド」と題して講演をいただきました。

 1800億円を投じた開園当時は無謀とまでいわれながらも,95%というリピート率を誇り,昨年は3109万人が来園し,これまで総6億8000万人が来場するテーマパークとして桁違いの実績を上げているその秘訣について色々とお話しくださいました。まず,非日常を提供する様々な工夫やサービスについてお話しいただきました。
 次に,「お客さんに幸福を提供し,自分も幸せに」を使命として,

1safety(安全性)
2courtesy(礼儀正しさ)
3show(身だしなみ・美観)
4efficiency(効率)

を行動基準に実践していることを説明していただきました。

 最後に,ハピネスを次世代まで提供するために,環境保護やノーマライゼーションを大切にしていること等を教えていただきました。

総合的な学習で探究しているユニバーサルデザインの考え方を実践している企業の代表の方から直接お話しいただいたことは,とても貴重な体験になったことと思います。

 そして,班別自主研修では,目的地や交通手段について事前に調べた知識を生かして,充実した研修を行い,どの班も予定時間を大幅に超えることなく帰着しました。その日のしおりには誰もがいろいろな感想をたくさん書き込んでいました。


 三日目は,いちばん楽しみにしていたディズニーランド。天候もよく,人混みも少なく乗りたいアトラクションもほとんど楽しめたようで,ゲートに集合したときは全員が笑顔でいっぱいでした。最終日は,クラス別研修を行い,国会議事堂,日本科学未来館,国立博物館,パナソニックセンターの4カ所からそれぞれ希望の2箇所を見学しました。

 今回の旅行でお世話になった宿泊施設やバスの運転者さんやガイドさん,添乗員さん,そして,旅行に行かせてくださった保護者の皆さんへの感謝の気持ちを胸に,無事予定通り帰着した充実した修学旅行でした。
   
 
 
 
 
 
 
     
   
     
   
     
   
     
   
     
     


TOP PAGE へ戻る