TOP PAGE へ戻る


グローバル人材育成に係る
教育講演会



平成28年7月8日(金)



 7月8日、小中連携外国語会議アドバイザーの池田裕佳子氏をお招きして、「世界に通用する国際人になるために」と題して講演をいただきました。今回は、全校生徒に加え、PTAの文化研修部と連携して、学年PTAのプログラムの一部として保護者の皆様にも参加を呼びかけました。その結果、暑い中にもかかわらず、用意した240席はほぼ満席となり、大変盛況のうちに開催されました。

 講師の池田さんは、英検1級フランス検定1級と語学に堪能で、大分県グローバル人材育成推進会議委員をはじめ、車椅子マラソンやボランティアでの通訳のお仕事をされて東京で活躍されています。昨年度から附属小中学校の外国語科の研究についてアドバイスをいただいています。

 今回の講演では、生徒自身に考えさせるため、書かせたり、ペアや4人組で話し合わせたりと色々と工夫して下さいました。お話の中で、「mindset=心のもちようが勉強でも英語でも親孝行でも大切であること。英語を話す上で、文化や言語の壁よりも気持ちの壁が最も高いこと。グローバル人材とは、ここで今できることを頑張ることが大切。今、近くの人に親切にできない人に遠くの人を大切にできるはずがない。お弁当を渡されたらThank youの一言を言える人になりましょう。」等のお話をいただき、生徒もたくさん新しい視点をもらったようでした。

 








TOP PAGE へ戻る