TOP PAGE へ戻る


平成28年度
教職大学院実習の会場に



平成28年6月30日(木)


 6月23日に第1回、そして6月30日に第2回の教職大学院の先生方による実習が本校で行われました。
 教職大学院とは、本年度から大分大学に設立された「学校経営コース」と「教育実践コース」の2コースに分かれ、教育についてより高度な実践力を身につけるための専門課程です。現在は、それぞれに、現職の小中学校や特別支援学校の先生方と大学から大学院に進学した学生が所属しています。本年度は附属幼・小・中・特支と公立高校で実施されており、特に「学校経営コース」は、管理職の業務に必要な高度な実践力を身につけるために、シャドウイングや説明、質疑等を通して研鑽しています。
 明日の大分の教育を担う先生方や院生をお迎えするにあたり、観察対象として有意義な学校でありたい、日頃の頑張る先生方や生徒の姿をお見せしたいと我々も身が引き締まる思いです。来週からは、第二陣の実習があるので、これからも地域のモデル校として様々な連携を進めていきます。

 






TOP PAGE へ戻る